従来の治療法

以前は、歯を失ってしまった方の治療法としては入れ歯やブリッジといった方法でしか歯がなくなった部分を補うことができませんでした。

掃除が大変であったり、見た目の問題、違和感が残るなどの問題もありました。

残念ながら他の健康な歯を削ったり、残った歯に金具をかけるなどして、残りの歯に過剰に力をかけてしまう結果となっていました。

その結果、残りの歯をかえって早期に失う原因にもなってすまうこともありました。

インプラント治療の場合は、原則的に失った歯を補う形になるので残りの歯に過剰な力が加わりにくくなります。

当院では、患者様に説明するときは、家の修繕によくたとえます。

奥歯は家の柱のようなものです。
インプラント治療は、柱が(歯が)ダメになってしまった場合 他の柱や壁に負担をかけないように新しい補強の柱を建てるようなイメージです。

他の柱(歯)や壁(粘膜?)に過剰な力が加わらないように失った柱を新たに加えるとイメージしていただければ良いと思います。

トップに戻る