インプラントの流れ

カウンセリング

インプラントのカウンセリング綿密な検査よる治療計画の立案、患者側に対する説明と同意これらがあって始めてインプラント治療を行うことが出来ます。

術前のカウンセリングに充分な時間を費やし、患者様とともに治療方針を決定していきます。

まず患者様の現在のお口の状況についてしっかりうかがいます。その上で、現在の悩みや理想の状況もお聞かせください。

もちろん、患者様のインプラント治療に対する疑問、治療の手順、メインテナンスの必要性なども詳しくご説明させていただきます。

インプラント治療に対し、不安や疑問があれば解決するまでご相談に応じます。

検査、資料採り

歯と、歯肉の検査、虫歯の状態、粘膜に異常がないかを調べます。

お口の中の写真、型取りを行います。これにより、診断用模型を制作します。

模型上で診査することにより、隣の歯との距離や咬み合わせなども把握することができます。

また、レントゲン撮影を行い骨の状態を調べます。

必要に応じてCT撮影を行います。(きたじま田岡病院さま、兼松病院さまにお願いしております)特に上あごの手術の際には 必ず撮影していただいております。

治療計画のご説明

患者さまと十分なお話し合いの上、歯科医師が作成した治療計画の説明と治療にかかる手術費用、歯科補綴物費用をご説明させていただきます

治療

インプラントの手術は局所麻酔をしてから埋め込みますので、ほとんど痛みを感じません。

処置時間は約30分~120分ほどです(お口の状態によって変化します)。

インプラントが骨としっかり結合してから、(2~4ヶ月)仮歯をいれ、型とりをして最終のかぶせ物が入ります。

メンテナンス

回復した口腔状態を出来るだけ長く保っていただくために、メンテナンスプランを決定します。

一人一人のお口の中の状態にあわせて、お手入れの間隔を決定していきます。

メンテナンス・ケアを楽しみながら、今以上の健康と健康美を目指しましょう。

トップに戻る