抜歯と言われたんだけど…

「この歯は残せませんので、抜きましょう」 と言われたことはないでしょうか?

抜きたくない!という気持ちは よくわかります。
抜かなくていいように、最善の治療、努力は惜しみません。
和田歯科では特に、歯周病ではなく、根っこの先に膿がたまっている場合は、なんとか最新の治療法を駆使して、残そうと努力しております。

しかし、残念ながら歯周病で歯を支える土台である骨が、根っこの先まで溶けてしまっている場合は、将来的なことも考えると、抜いたほうが遥かにご本人のためになる、というケースには しばしば遭遇します。

歯周病が進行した歯を無理やり残してしまうと、その歯の周りの骨が溶けるだけでなく、隣の歯の土台の骨まで溶かしてしまうことが多いからです。
1本の歯を無理して残したが為にお隣の歯まで失ってしまうことは、とても残念です。

また、グラグラになって抜けてしまうまで歯を残すことで、骨が大きく溶けてしまいます。そうなると、入れ歯 ブリッジ、インプラントのどの方法を取ってもデメリットばかりになります。
入れ歯の場合は入れ歯が大きくなる、ブリッジの場合はダミーの歯が大きくなり、掃除しにくく、土台の歯が痛みやすい。インプラントの場合は、骨が少ないと移植などより大きな手術が必要になり、時間も費用の負担も大きくなる。
そう考えると、歯周病が進行した場合は、抜いたほうがメリットが大きいこともよくあります。その際は早目に歯を抜いて、歯ぐきがきれいになるのを待ち、インプラント治療行うことで、周りの歯の負担も軽減され、結果として他の歯も長持ちします。

トップに戻る