ブリッジを入れている方へ

こんな症状ありませんか?

など。

ブリッジは比較的簡単で、短時間に作成することができ、所定の金属であれば保険が適応されることもあって、以前は歯を失った時の第一選択でした。
当院も10数年前までは一般的にこの治療を選択してきました。

ブリッジは、沢山の歯をつなぐので歯ブラシがしにくくい為、虫歯や歯周病になりやすいのはご理解いただけると思います。また、前後の歯がきれいな歯でブリッジをするのは、非常にもったいないです。なぜなら、健康な歯を削ってしまうのでその歯の寿命は短くなってしまうからです。

そして結果的には少ない歯で多くの歯を支える構造になっている為、過重負担になります。たとえば、今まで3本の柱で支えていたものが2本になったらどうでしょうか?単純に1.5倍の力がかかりますよね。

掃除しにくく、虫歯や歯周病になりやすい、かつ前後の歯を削らなくてはいけない。

正直、歯科医師として、前後の歯が健康であればブリッジは避けたい治療です。実際に和田歯科では、迷われている場合には小さな入れ歯を使ってもらっている方もたくさんおられます。きれいな歯を残したい!そんな思いからです。

話はちょっとそれますが、現実的な問題として最初に抜けてしまう歯って、どの歯かご存じでしょうか?

答えは前から6番目の歯、いわゆる6歳臼歯です。一番最初に生えてくるため、小さいころから虫歯になり易い歯です。また、一番力がかかる歯なので、割れやすいんです。
もうひとつの問題として、歯の根っこは複数に枝分かれしています。大きな力を支えるためには土台が多いほど有利だかです。ただし、その枝分かれした根があるために、歯周病が進んで枝分かれの部分まで骨がとけると、とたんに掃除がしにくくなり、歯周病が深層してしまいます。

それに加えて奥歯であるとういことで歯磨きがしにくいため、むし歯にもなりやすいのです。虫歯が大きいと神経を取らなければ痛みが治りません。ところが神経を取ろうとしても複雑に枝分かれしているので、きれいに掃除しにくく、将来的に、膿がたまることもあります。こういった理由で、6歳臼歯が一番最初になくなるわけです。一番強い歯がです。

お分かりだとおもいますが、弱い小さい歯で強い大きな歯を支えることになるわけです。単純に1.5倍ではないことは簡単に想像出来ますよね。だから、和田歯科医院では、前歯はともかく奥歯を失ってしまった時は、インプラントが一番良い治療方法だと考えています。

ブリッジの平均寿命は5~7年と言われています。ブリッジの土台の歯が壊れてしまった場合は、次は部分入れ歯、バネがかかる歯も過重負担になり、次第に大きな入れ歯になり、最後は総入れ歯になってしまう。過去の歯科医院では 大まかにそういう流れでした。
実際、今の80歳の日本人の歯は平均して4~5本しか残っていません。“歯医者は痛くなったら行くところ。” そんな時代の結果がこの数字に表れています。

もし、最初の1本を失ったときにインプラントにしておけばどうでしょうか?
基本的に上記の悪循環に入るのを大きく遅らせることが出来るのです。残念ながら既に何本も歯を失ってしまった方でも大丈夫です。ただし、早いほうが費用も、負担も楽になりますよ。

隣の歯も削らずに、良くかめて、負のサイクルに入ることを防止できる。それがインプラント治療です!

現実的な問題として、現時点では奥歯にかかる力を十分に受け止められるのは、インプラント以外には難しいのが現状です。費用のこともありますので、前歯に関しては、歯周病がきちんとコントロールされていれば、ブリッジでの治療もかなりの耐久性があると思います。しかし、奥歯はかみしめると自分の体重と同じぐらいの力が加わります。大人の男性であれば70kg近く力がかかります。それを、少ない歯で受け止めるブリッジや 歯グキと少ない歯で受け止める部分入れ歯は、残っている歯を痛めるであろうことは、容易に想像できると思います。

つまり、インプラントは歯が抜けたことで始まる、かみ合わせの崩壊のサイクルを止めてくれる、言いかえれば 歯並び全体を守る役割を担える治療方法なのです。

以上を考え、和田歯科医院では、インプラント治療は、歯を守る予防としての治療という位置づけでもあります。

ちなみに小さい入れ歯は 歯を削らなくてもいいというメリットはありますが、小さいがゆえに誤って飲み込んでしまうというようなアクシデントがないとは言い切れません。私自身は経験したことはありませんが、誤って飲み込んでしまったという報告は論文などで見ることがあります。
もし、かぶせものを飲み込んでしまっても、ほとんどが出てきますが、入れ歯はバネがあるので引っかかってしまう危険があります。その点はご理解の上、治療法を選択してください。

トップに戻る