ソウル インプラントセミナー参加報告

ソウルにインプラントオペ研修に行ってきました!

2012年3月(16日~18日)と8月に、お隣の韓国のソウルにてインプラントセミナーに参加してきましたので報告いたします。

今回は、徳島市で開業されておられる、すずき歯科・鈴木温先生を含め約10人一緒に参加してきました。

インプラントの手術を行う際、骨が少ないことが多くあります。今回の研修の目的は、少ない骨でもより安全に確実にインプラント体を固定させる手術についての研修です。

アメリカでもっとも権威のあるインプラントの学会のAAIDのアジア支部がソウルにあります。(日本にないのが ちょっと寂しいですが。。)
AIIDの研修施設で、そこの院長であるJaehyun? Shim先生の講義、実習、ライブオペに行ってまいりました。

そこの医院はまるでアメリカにあるクリニックをそのまま持ってきたような施設でした。 外観はホントにここ??というようなところでしたが、オペ室、セミナールーム、ライブオペ見学室など、さすがAAID研修施設、思わせるものでした。

手術自体はスタンダードなものでしたが、日本では手に入らない手術器具や材料を駆使していることに驚きました。

当院でも新しい機材を導入いたしました。またご紹介しますので楽しみにしておいてくださいね。
さらに安心で安全な治療を皆様に提供していけるよう、研鑚を続けていきます。


余談ですが、今回は初めて高松空港から国際線にのりました!

久々の朝5時半起床。高松空港に車で向かいそこから韓国 仁川空港へ向かいました。
1時間半程度であっという間に仁川空港に到着。ソウル市内まで車で移動し、まず昼食。

豆腐チゲ定食を注文し堪能しました。まあ、辛いこと。でもとても美味しくて汗だくになりながら食べました。

その後、ソウルの歯科材料店を訪問し、いろいろな機材を見学しました。日本製だと思っていたものが、実は韓国製であったりして驚きました。

昨年ハーバード大学に研修に行ったときに使っていた機材、材料も日本では手に入らないのにソウルでは普通に販売されていました。うらやましい。。。

韓国人スタッフの方はとてもよく勉強されていて驚きました。ニューヨークで活躍しておられた方で、日本でも数年働いた経験があるそうで、日本語も堪能でした。
その後ホテルに到着し、次の日のセミナーに備え予習をしてました。が、早起きがたたったのか寝てしまいました。。。。

他の先生方も到着したのでみんなでホテル近くの食堂に入って夕ご飯です!。

勧められるままに何やらよくわからない辛いお鍋をいただきました。 野菜にお肉なぜか魚肉ソーセージとインスタントラーメンの乾麺が入ってました。もちろん、ビールとマッコリ(初めてでした)で乾杯です。
またもや汗だくになりながら、美味しくいただきました。?次の日からおなかの調子が悪くなったのは言うまでもありません。。。。。

熱い講義、実習と熱い(辛い?)韓国料理でハードながらも充実した研修でした。
今度は家族でゆっくり行きたいと思っています。

トップに戻る